ファクタリングがおすすめな理由

大手企業などは一般的に事業性資金の調達の方法として銀行の融資を受けて、資金を借り入れるいわゆる借金を行う必要がありました。

しかし銀行の融資姿勢は金融庁の方針によってころころ変わってしまうのが現状です。
金融庁が中小企業保護を訴えたことから融資に積極的になり、銀行の健全性を高めろという動きが強まると、急に融資をストップしてしまったり、貸し渋りや貸しはがしを行うことも珍しくありません。

ファクタリングの比較ができるサイトです。

そのため中小企業や個人事業主が銀行との取引で辛い経験をした方も少なくないのです。



そこで中小企業と個人事業主が銀行の借入だけに依存しすぎないようにする方法として、代替的な資金調達方法として注目されているのが「ファクタリング」とされています。

このファクタリングの特徴は借入や借金を行うのではなく、手元に保有している売掛債権を直接売却することにより、スピーディーに現金化し資金調達を行うことが出来る仕組みとなるのでおすすめなのです。
ファクタリングがおすすめな理由の一つとして、借入ではないので決算書上の借入金も増える心配がありません。



そのため借金しなくて良い資金調達法なのです。このサービスを利用すると会計処理上は売掛金が減少して、現預金が増えるようになります。
そうなると決算書にも同じ効果となり借入金を増やすことなく、現金を増やす効果を期待することが可能です。この決算書への影響は銀行のゆう新審査に対してプラス材料になる点もおすすめです。